【2019年最新版】福岡の薬剤師転職を成功させるコツ!年収アップするには?

全国的に薬剤師不足が続いており、近年は福岡でも多くの薬剤師求人が見つかります。 しかし、福岡で薬剤師転職しても本当に年収アップできるかお悩みではありませんか? 転職先は、現在の職場よりも良い環境で年収が高い職場を見つけたいですよね。 そこで今回は、福岡で薬剤師転職して年収アップするコツ、福岡の薬剤師動向をご紹介しましょう。 福岡県で転職する薬剤師はぜひ最後まで参考にしてみてください。

福岡で働く薬剤師の平均年収は?

2018年度における福岡県で働く薬剤師の平均年収は482万円となっています。 全国の平均年収553万円よりも約70万円低いの数値となっており、福岡県は全国41位、九州地方では最下位です。 薬剤師の平均年収は、都道府県により大きく差が開いており、基本的に都市部は平均年収が低めです。 福岡県は人口が多い人気の都市であり、地方や過疎地域と比較すると、薬剤師の人手不足はそれほど深刻ではありません。 福岡県は薬剤師の数が多く、求人を出してもすぐに人が集まるため、年収が低く設定されているようです。 現状では、福岡県の平均年収は全国平均と比較すると低く、他県から転職する方は年収が下がってしまうリスクがあります。 しかし、福岡県の中でもエリアによって差があり、最高年収は750万円、最低年収は340万円と約400万円も差が開いています。 そのため、自分が希望する地域の年収はどれくらいなのか知っておく必要があります。 福岡県で転職して年収アップしたい方は、求人選びは慎重に行いましょう。

福岡の職場別に見る平均年収は?

ここからは、福岡県の職場別に見る平均年収を見ていきましょう。

▼福岡の職場別に見る平均年収

職場 平均年収 最高年収 最低年収

病院 457万円 750万円 340万円

調剤薬局 511万円 684万円 364万円

ドラッグストア 444万円 502万円 403万円

一般企業 418万円 452万円 418万円

薬剤師が活躍できる職場は、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬企業など多岐にわたります。 福岡県の病院で働く薬剤師の平均年収は全国平均とほぼ同じですが、調剤薬局は50万円低く、ドラッグストアは140万円低くなっています。 一般企業・製薬企業においては、全国平均よりも200万円以上低くなっており、福岡県はどの職場を選んでも、全体的に低めだと分かります。

福岡には多くの薬剤師がいるため年収は低め

福岡県の薬剤師はどの職場で働いても全国平均よりも年収が低いことが分かりましたが、理由はなぜでしょうか? 最も大きな理由は、福岡県には多くの薬剤師がいるため、ライバルが多い環境にあることが上げらます。 現代は少子高齢化の真っ只中にあり、薬剤師を始めとする医療関係者の人手不足は深刻化しています。 東京都・大阪府・福岡県といった都市部においては薬学部を持つ大学が多く、薬学生が多いため、薬剤師の数が必然的に多くなります。

▼福岡県で薬学部を持つ大学は全部で3校

●九州大学(国立)…「創薬科学科」と「臨床薬学科」の2学科制

●第一薬科大学(私立)…大学病院と連携した教育環境

●福岡大学(私立)…「薬学科」「漢方薬学科」の2学科制

福岡は薬学生の卒業生が多く、毎年一定数の薬剤師が巣立っており、福岡県内の職場へ就職する流れとなっています。 他の九州エリアと比べると福岡県は薬剤師の数は多く、それが年収の低さに繋がっているのです。

福岡県は調剤薬局とドラッグストアの数が多い

福岡県は薬剤師が働く職場が多く、調剤薬局やドラッグストアの求人件数は豊富です。 福岡県における薬剤師の転職市場は、あまり人手不足が深刻ではない上に、職場が多いため買い手市場に傾いています。

福岡で薬剤師転職の求人が多い都市は?

福岡は九州最大の県であり、県庁所在地の福岡市はは薬剤師求人が多く募集されています。 福岡県で薬剤師求人が多い都市は福岡市の他にも久留米市と大野城市が挙げられます。 福岡市、久留米市、大野城市の都市部では求人は多いですが年収が低めとなるため、年収アップするには慎重に求人選びをする必要があります。

福岡市から離れたエリアは高収入案件あり

福岡県の都市部から離れた宗像市、太宰府市、大川市、直方市の地方エリアでは、薬剤師求人は少なめです。 調剤薬局やドラッグストアの数が少ないため、求人数も少ないのですが、年収は都市部より高いです。 福岡県の地方エリアは年収600万円以上の高収入案件が見つかり、福岡市よりも高めに設定されています。 福岡県内で年収アップしたい方は、都市部の福岡市、久留米市、大野城市よりも宗像市、太宰府市、大川市、直方市の地方エリアの薬剤師求人をチェックしましょう。

福岡の薬剤師求人動向は?

ここからは、福岡の薬剤師求人動向を見ていきましょう。 福岡県の病院数や調剤薬局の数は全国平均に対して少なく、福岡県の医薬分業もあまり進んでいないのが現状です。 今後は、福岡県では調剤薬局と病院の数は増えると見込まれており、施設数の増加に伴い、薬剤師の需要も増えると予想されます。 福岡県の医療計画によれば、かかりつけ薬剤師によるプライマリ・ケアの推進と、在宅医療体制の整備にも力を入れているようです。 将来、福岡県ではかかりつけ薬剤師や在宅の需要は確実に増えていくでしょう。

福岡の薬剤師求人動向は?

福岡県は薬剤師のライバルが多く、職場の施設の少なさから、転職市場は厳しいことが分かりました。 では、これから福岡県で薬剤師転職をする方が年収アップするにはどうすれば良いのでしょうか? 具体的には、福岡県の地方エリアで高収入案件を見つける、職場を調剤薬局・ドラッグストアを狙うことです。 転職サイト・転職エージェントに登録して、年収交渉を依頼することもおすすめします。では詳しく見ていきましょう。

地方エリアの調剤薬局・ドラッグストアを狙う

福岡県の薬剤師転職と一口に言っても、都市部と地方エリアでは年収に大きな差が開いています。 都市部の福岡市は交通機関や生活環境が整っており暮らしやすさが魅力ですが、年収の低さがネックです。 福岡県のおすすめエリアは、北九州市、大川市、柳川市、大牟田市です。 福岡市外に絞って求人探しをすれば、年収600万円〜700万円の高収入案件が見つかります。 そして、職場においては、福岡県に限らず、病院よりも調剤薬局やドラッグストアの方が年収は高めとなっているのでチェックしましょう。

転職エージェントに条件交渉を依頼する

求人サイトを見ながら、勤務地や労働条件が良く、自分に合っていても年収の低さが気になる…という時があると思います。 そんな時は転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。 担当のキャリアアドバイザーがあなたと応募する施設の採用担当者との間に入って、年収交渉をしてもらえます。 転職エージェントは人材紹介をして、その成果報酬として手数料を受け取って利益を得ています。 年収が高い薬剤師を紹介した方が高額な手数料を受け取ることができるので、年収交渉も積極的に行ってくれるはずです。 転職エージェントは採用担当者と何度も話し合って必要な人材や職場状況について精通しています。 ネット上の募集要項だけでは分からない情報は、転職エージェントに尋ねると有益な情報を得られるのでおすすめです。 せっかく薬剤師転職をしても「イメージと違った」と後悔することがないように、転職エージェントに詳しい内部環境を聞いておくことが大切です。

高収入案件が多い非公開求人を紹介してもらう

福岡県の高収入案件を狙うならば、転職エージェントに非公開求人を紹介してもらうことをおすすめします。 人気の高収入案件や新規オープンの調剤薬局、ドラッグストアの求人はほとんどの場合は、一般公開されず、転職エージェントへ非公開求人として託されています。 人気の案件を一般公開すると募集が殺到して、最適な人材を選ぶことができなくなるため、転職サポートのプロである転職エージェントに任せているのです。 転職エージェントに依頼すると調剤薬局やドラッグストアにとってはコストがかかりますが、より最適 な人材と出会えるので効率が良くなります。 転職エージェントは、施設が求める人材と転職希望者の求める条件をどちらも分かっているので、的確なマッチングをします。 非公開求人は転職エージェントが独自に管理しているので、登録した会員だけが紹介してもらえる仕組みです。 福岡県で高収入案件を狙う方は、複数の転職エージェントに登録して、多くの非公開求人を紹介してもらうことをおすすめします。

福岡県に薬剤師転職をする際のチェックポイント

福岡県に薬剤師転職する際に、年収が高いことはもちろんのこと、他にはどんな点をチェックすべきでしょうか?

通勤時間・通勤手段

福岡県の薬剤師求人をチェックする際は、自宅から職場までの通勤時間はどれくらいか確認することが大切です。 都市部は交通機関が発達していますが、地方エリアでは交通手段の選択肢が自家用車のみの場合もあります。 福岡県の地域・エリアによっては、電車の本数が1時間に1本しかない場合もあるので注意しましょう。 福岡県へUターン転職・Iターン転職する方は、交通手段と通勤時間を確認して、自分の通える範囲か確かめておきましょう。 他県から福岡県へ引越しする方、土地勘がない場合は転職エージェントに相談をして、自宅から30分以内で通える案件を紹介してもらうと良いでしょう。 どんなに高収入、好条件の良い求人で合っても自宅から通える範囲でなければ意味がありません。 年収や労働条件は交渉の余地がありますが、勤務地が遠すぎる場合は、自分が引越しをする必要性も出てきます。 一人暮らしの場合は、転職を機に引越しをする選択肢もありますが、家族と同居されている方は、難しいケースもあるでしょう。

職場の雰囲気や人間関係

福岡県の薬剤師転職に限らず、薬剤師転職をして失敗するケースは職場の雰囲気が合わなかったり、人間関係に苦労するケースが挙げられます。 職場の雰囲気や人間関係は、実際に働いてみないと分からない点もあるでしょう。 しかし、ネット上の募集要項やホームページだけ見るだけで転職先を決めてしまうのは後悔することもあるので注意が必要です。 薬剤師の仕事は、地域が異なれば雰囲気も変わり、転職後に合う・合わないといった問題が発生します。 求人サイトや施設のホームページを見ただけでは良い点しか分かりませんので、入社後のギャップが出る可能性があるのです。 他県から福岡県へ初めて薬剤師転職をする方は、転職エージェントに相談して良い点だけでなく悪い点も含めて情報を収集することをおすすめします。 多くの転職エージェントでは、専任キャリアコンサルタントと一緒に職場見学をして実際に目で確認をしたり、採用担当者へ質問をすることも可能です。 実際の職場の雰囲気やどんな人が働いているのか分かれば応募する判断になりますし、入社後のギャップもなくなるでしょう。 自宅からの通勤時間も分かり、自分がその職場で働いているイメージが湧くので、一度は職場見学に行くことをおすすめします。

まとめ

今回は、福岡県で薬剤師転職する方が知っておきたい成功のコツや年収アップの方法をご紹介しました。 福岡県には薬学部を持つ大学が3校あり、薬剤師の人数が多いため、全国の平均年収よりも年収が低くなっています。 他県から福岡県へ引越して年収アップを実現するのは、残念ながら厳しい状況にあります。 しかし、福岡県の都市部を離れて、地方エリアで求人探しをすれば、年収600万円〜700万円の求人も見つかります。 少しでも好条件案件を見つけるには都市部を避けて人口が少ないエリアで求人探しをすることコツです。 複数の転職エージェントに登録し、福岡県の好条件案件が多い非公開求人を紹介してもらうと、優良求人に出会えるチャンスが高くなるのでおすすめです。 ぜひ、福岡県の薬剤師転職を成功させるために、今回ご紹介したコツを実践していきましょう。